安全停止

ダイビングを終了して浮上するとき、水深5mまで浮上したら3分間停止すること。一旦浮上を呈することで、余分な窒素を体からさらに排出する事ができ、浮上速度安定させて微調整することもできる。
基本的に、すべてのダイビングで安全のため実施されている。