名古屋でレスキューダイバーになるなら必須!エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コース

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コース

エマージェンシーファーストレスポンスEFR
エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コースはレスキューダイバーコース受講の必須コースですので、その時に受講を検討される方が多いですね。しかし、ダイバーだけでなく、一般の方にも是非受講していただきたいコースです。
日本では心臓病による突然死で年間約4万人の方が命を落としています。1日にあたり100人以上という数字です。目の前で人が倒れたら?決してありえない話ではありません。救急車が到着するまでの数分にどのような処置をするかで、患者さんの状況は大きく変わります。もしもに備えて、是非このEFRコースを受講して下さい。
EFRコース詳細

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コースの内容

当店のエマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コースは、レスキューダイバーコースの前条件をクリアしつつ、実践的な対処法を学べるよう、一次ケア・二次ケア・CPR&AEDを行います。

  • 一次ケア・・・いざという時に必要な人工呼吸・心臓マッサージなど、CPR(心肺蘇生法)
  • 二次ケア・・・病気やケガの評価、ファーストエイド(応急手当)
  • CPR&AED・・・一次ケアからの、AED(自動体外式除細器)の使い方

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コースのスケジュール

まずは、自宅学習です。エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)をお申込みいただいたら、教材一式お渡しします。一次ケアと二次ケアの「知識の復習」の記入をしてください。理解できない部分は、講習日当日に担当インストラクターに質問できるようチェックしておきましょう。

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)教材
エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)教材

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)のお店での実習は、13時から5時間程度です。設定日はありませんので、リクエストに応じて開催されます。トレーニング用の人形を使って人工呼吸の練習や心臓マッサージ、AED(自動体外式除細器)を学びます。動きやすい服装でお願いします。最後には簡単なテストもあります。
エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)
エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)

エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)コースのご案内

  • 参加前条件:どなたでも
  • コース代金:PADIコース料金表に記載
  • 料金に含まれているもの:講習料・教材代・Cカード申請料
  • 料金に含まれていないもの:なし
  • 所要時間:5時間程度
  • 受講の服装:スカート以外の動きやすい服装で。人工呼吸のトレーニングでは、前かがみになりますので女性の方は胸元が空いていない服装で、髪をまとめておきましょう
PADIコース料金表
メンバーゴールドメンバー
アドバンスパック¥44,000¥24,000
スペシャルティ¥7,000/1ダイブ¥6,000/1ダイブ
器材スペシャルティ¥18,000¥10,000
エンリッチドエアスペシャルティ¥18,000¥12,000
エマージェンシーオキシジェンプロバイダー¥28,000¥25,000
エマージェンシーファーストレスポンス(EFR)¥30,000¥25,000
レスキューダイバー¥55,000¥45,000
マスタースクーバダイバー¥10,000¥10,000
ダイブマスター¥100,000¥88,000
*コース料金には、PADI教材費・申請料が含まれていますので、お得です。
*レスキュー・EFR・エマージェンシーオキシジェンプロバイダー同時申込みのゴールドメンバーは10,000円割引します。