名古屋近郊のダイビングポイント、最新のコンディション情報

名古屋近郊のダイビングポイント、最新のコンディション情報

最新の名古屋近郊ダイビングポイント情報 2022/1/24現在

透明度抜群の真冬の海になってきました。ドライスーツに専用インナー上下。寒がりの方はインナー重ね着して貼るカイロ使うことで、快適にダイビング出来ます。陸上での防寒が快適さを左右しますので、休憩中に体が冷えないよう、ボートコート・手袋・ニット帽があると良いです。フード・厚手の冬用グローブもお忘れなく。今年はお魚いっぱいで、楽しいシーズンが続いています。しっかり防寒して楽しみましょう。

西伊豆:
水温16~13℃
東伊豆:
水温15~13℃
南紀:
水温18~17℃
日本海:
来年4月にツアー再開

スタッフからアドバイス

おススメはドライスーツ。寒さに強い方は、専用インナー上下のみでOKですが、寒がりの方は、専用インナーの重ね着・貼るカイロが必須です。電熱のヒートベストもレンタル可能です。水温よりも気温の方が低い季節ですので、休憩中に体が冷えないよう、しっかり防寒しましょう。

名古屋近郊のダイビングポイントはこんなにあります

色々な海・海の中の四季を楽しもう!ダイバーになったら色々なところでダイビングをしたいですね。リゾートの海は年に何回行けるでしょう?お休みもないし、お金もないし・・・・

その点、近場の海は日帰りで行くことも出来ます!名古屋からは【日本海】【紀伊半島】【伊豆半島】と潜るポイントには事欠きません。おまけに季節によってまるっきり表情が違ってくるんですよ。名古屋近郊にあるダイビングポイントをチェックしてみましょう。

ダイビングポイントマップ