名古屋近郊のダイビングポイント、最新のコンディション情報

名古屋近郊のダイビングポイント、最新のコンディション情報

最新の名古屋近郊ダイビングポイント情報 2019/7/4現在

梅雨真っ盛りですね。水温も徐々に上がってきて、ウエットダイバーも増えてきました。今がちょうど衣替えシーズンです。ダイビングする日の天候や気温で、ドライスーツにするかウエットスーツにするか決めましょう。気温25℃以下の雨の日のおススメはドライスーツ。インナーは薄手1枚で大丈夫でしょう。気温25度以上で、晴れの日はウエットスーツでも大丈夫。念のためフードもお忘れなく。グローブは冬用から、スリーシーズングローブへの衣替えですね。水温の上昇に伴い、生物の活動が活発になってきました。いろいろな魚が産卵活動をしていて、ダイビングの見どころ満載です。

西伊豆:
水温23~21℃
東伊豆:
水温23~20℃
南紀:
水温23~21℃
日本海:
水温23~21℃

スタッフからアドバイス

陸上はすっかり暖かくなり、ダイビング休憩中も快適です。水温も徐々に上がってきています。オススメスーツはドライスーツ+専用インナー。寒がりダイバーは、冬用インナー+フードもお忘れなく。グローブはそろそろ冬用からスリーシーズンへ衣替えですね。日差しが強くなってきましたので、日焼け止めもお忘れなく。

名古屋近郊のダイビングポイントはこんなにあります

色々な海・海の中の四季を楽しもう!ダイバーになったら色々なところでダイビングをしたいですね。リゾートの海は年に何回行けるでしょう?お休みもないし、お金もないし・・・・

その点、近場の海は日帰りで行くことも出来ます!名古屋からは【日本海】【紀伊半島】【伊豆半島】と潜るポイントには事欠きません。おまけに季節によってまるっきり表情が違ってくるんですよ。名古屋近郊にあるダイビングポイントをチェックしてみましょう。

ダイビングポイントマップ