ダイビング器材オーバーホール

ダイビングを楽しく、安全に行うためには器材のメンテナンスは必須です。 スクーバギアは自分の命を預けるもの。前回のオーバーホールから12ヶ月以内もしくは100ダイブでオーバーホールが必要です。

その理由は・・・・使用回数に関係なく、レギュレーター内部のOリングなどのゴムは劣化します。そのため、Oリングの劣化や、錆、塩などが、エア漏れの原因になります。

せっかく海に行っても楽しいダイビングができなくなるばかりか、ダイビングの安全性に支障をきたす場合もあります。使用前に、故障を発見し、ご自身の器材が使えず、やむを得ずレンタルする必要があるかもしれません。その場合、使い慣れない器材を使用することで、楽しさも半減してしまいます。

オーバーホールをしないと・・・

oh

長年オーバーホールしなかったレギュレーターです。セカンドステージ分解途中の写真です。塩と錆がこびりついています。オーバーホールしてない方は、こんな状態のレギュレーターから呼吸しているかもしれません。

オーバーホールって何するの?

オーバーホールは、レギュレータを分解し、洗浄して錆や塩を落とし、劣化した部品を交換して、元通りに組み立て調整します。ダイビングを安全に行うためには、正常に作動するダイビング器材が必要なんですね~

レギュレーターのファーストステージの洗浄後
レギュレーターのファーストステージの洗浄後。きれいになりました。注!前の写真のレギュレーターとは別のものです。

レギュレ-ターのオーバーホール基本代金¥15,000(税別・メンバー割引あり・パーツ代別途)

オーバーホールやメンテナンスは、メーカー指定のメンテナンス講習を受講し、認可を受けたダイビングショップのみが行うことができます。サニーベイルでは、TUSA・Mares・Bism・アクアラング等、メーカーの認可を受け、器材の販売・メンテナンスをしております。

  • ※上記の料金以外に保証外交換部品代がかかります。
  • ※各メーカーワランティカードを必ず提示ください。提示がない場合無償交換パーツが有償になることがあります。
  • ※メンバーの方がオーバーホール期間中に当店ツアーに参加される場合は無料にてレンタル致します。
  • ※オーバーホール後3ヶ月以内の調整は無料にて行います。お気軽にご相談ください。
  • ※完了まで通常2週間程度ですが、パーツの欠品等により遅れる場合もあります。
  • ※お急ぎの方はご相談ください